スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北、時給800円遠く 岩手・宮城、復興優先が背景

河北新報2012年09月18日火曜日

 最低賃金の底上げを目指す国の助成制度の利用が、東北で伸び悩んでいる。2011年度の導入後、徐々に浸透してきたが、東日本大震災の被災地を中心に申請件数は低迷が続く。もともと東北の最低賃金は全国最低水準にとどまっており、民主党政権が目指す時給800円実現への道のりは遠い。
 制度は最低賃金700円以下の都道府県が対象で、12年度は東北6県を含む33県が該当した。4年以内に時給800円への引き上げを目指す企業に対し、設備購入など業務改善にかかる経費を最大100万円補助する。
 東北の8月末までの申請は80件で、県別では青森8件(前年度実績1件)、岩手3件(0件)、秋田13件(17件)、宮城5件(2件)、山形25件(13件)、福島26件(2件)。全国計812件の申請に対し、東北分は1割にも届かない。
 岩手、宮城両県の低迷は、被災企業などが震災復興を優先させた結果とみられている。福島県の大幅増について、福島労働局は「原発事故による県外避難が長引き、労働力確保のために賃上げを迫られた側面がある」と分析する。
 民主党政権は10年、労使の代表を加えた雇用戦略対話で「20年までの早い時期に最低賃金800円を目指す」との目標を打ち出した。業務改善助成は賃上げに向けた施策の柱となるが、事業者側からは厳しい評価も出ている。
 岩手県内の経済団体幹部は「人件費は長く続く固定費。一時的な助成で底上げはできない」と指摘。東北の経済関係者の多くは「賃上げを実現するなら、政府による円高、デフレの解決が先決だ」と口をそろえる。
 最低賃金改善の動きは進んでいるとはいえ、東北の水準は全国最下位に近い650円台半ばが中心になる。東北で最高の宮城でも現行675円にすぎず、生活保護の給付水準さえも下回る。政府目標への道のりは遠い。
 東北の各労働局は「賃上げによる所得向上は地域経済を活性化させる。粘り強く業務改善助成の活用を促していきたい」と話している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。