スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災からの復興状況 岩手県民の6割「遅れている」

震災からの復興状況 岩手県民の6割「遅れている」

河北新報2012年05月02日水曜日

 東日本大震災からの復興状況について、岩手県民の6割が遅れを感じていることが、県がまとめた第1回復興意識調査で分かった。県復興局は「防潮堤整備やまちづくりなどの復興事業がまだ形として見えにくく、遅いと感じているのではないか」と話す。
 県全体の復興の進み具合は「遅れている」が最多の40.9%で、「やや遅れている」が18.7%だった。「進んでいる」「やや進んでいる」は計16.7%にとどまった。 県復興計画で取り組む29項目の重要度も尋ねた。5点満点で評価した結果、「医療機関や社会福祉施設の機能回復」が4.83点と最も高く、「事業所の復興による雇用の場の確保」と「離職者の再就職」がともに4.81点で続いた。
 地域別の重要度では、内陸部と沿岸北部(岩泉町以北の6市町村)は医療関連施設の機能回復が一番だったが、津波被害の大きい沿岸南部(宮古市以南の6市町)は「災害時にも使える道路網の整備」が4.85点で最も高かった。
 調査は2~3月、県内に住む20歳以上の男女計5000人に調査票を郵送し、実施した。回収率71.8%。県は復興計画の期間終了の翌年度(2019年度)まで毎年1回調査する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。