スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島沿岸、7割の企業再開できず 雇用悪化や地域の衰退も

福島沿岸、7割の企業再開できず 雇用悪化や地域の衰退も

東京新聞2012年3月23日 18時32分

 原発事故が収束しない福島県沿岸部に本社を置く企業の約7割が営業を再開できていないことが、23日までの帝国データバンクの調べで分かった。原発事故の影響で事業拠点や顧客基盤を失い、立ちゆかなくなった企業が多いためだ。
 東日本大震災の津波で大きな被害が出た岩手、宮城を加えた被災3県で再開できずにいる企業は1497社に上る。
 帝国データによると、震災後の3県の倒産件数は23日現在、計79件にとどまる。しかし、今後は法的整理に踏み切る企業の増加が見込まれ、被災地の雇用悪化、地域の衰退が懸念される。
(共同)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。