スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災1年、34万人いまだ避難 復興の足取り重く

大震災1年、34万人いまだ避難 復興の足取り重く

東京新聞2012年3月10日 18時45分

 死者1万5854人、行方不明者3155人を出した東日本大震災発生から11日で1年。約1600人の子どもたちが親を失い、余震が異常な頻度で続く中、約34万4千人の被災者がいまも仮設住宅などでの避難生活を強いられている。膨大ながれきは東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で広域処理が進まず、復興の足取りは重い。
 家屋の全半壊は計約38万3千戸。懸案の高台などへの集団移転事業は1カ所もまとまっていない。不自由な避難生活からストレスで体調を崩す人も多い。
 特に被害が大きかった岩手、宮城、福島3県は人口が大幅に減少。2月1日現在、前年同月より計約8万6千人減った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。