FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県内の仮設、一人暮らし死亡12人 県警まとめ

宮城県内の仮設、一人暮らし死亡12人 県警まとめ

河北新報2012年03月10日土曜日

 東日本大震災により県内に整備された仮設住宅で、一人暮らしの被災者12人が亡くなっていたことが、9日までの県警のまとめで分かった。
 県警捜査1課によると、全員が中高年で、7人が65歳以上の高齢者。うち5人が男性だった。ほとんどが病死で死後数日以内に発見されていて、餓死や凍死はなかったという。
 県警は被災者の孤立を防ぐため、沿岸9署が中心となって仮設住宅の巡回に力を入れている。県警地域課によると、県内の全ての仮設住宅を毎日訪問するようにしているという。
 県警幹部は「仮設住宅の入居者には高齢者も多い。一人暮らしの方に限らず、体調などにも気を配りたい」と話している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。