スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波被災の沿岸部を「復興特区」に 仙台市が申請

津波被災の沿岸部を「復興特区」に 仙台市が申請

朝日新聞2012年2月15日

 仙台市は15日、東日本大震災復興特別区域(特区)法に基づき、津波で被害を受けた沿岸部の農業地域に進出する農業法人や企業に対し、法人税や固定資産税の減免などをする特区の創設を申請した。復興特区はこれまでに宮城県など3県が申請している。
 仙台市が申請したのは「農と食のフロンティア推進特区」。津波で浸水した市東部の農地1800ヘクタールを含む計3千ヘクタールを「復興産業集積区域」に指定し、区域内に立地する農業法人や企業の法人税や固定資産税などを5年間減免する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。