FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁港再編、異論噴出 宮城県に再報告要求 県議会常任委

漁港再編、異論噴出 宮城県に再報告要求 県議会常任委

河北新報2011年12月14日水曜日

 宮城県が示した県内142漁港の再編方針をめぐり、県議会11月定例会の環境生活農林水産常任委員会は13日、「漁港を拠点化する、しないの基準が分からない」「地元漁民に対する説明がない」などの異論が噴出した。県は「全漁港で基本施設を原形復旧させる」と理解を求めたが、議員側は納得しなかった。20日に再度、県の報告を要求し、反発を強めた。
 再編方針で、県は142漁港のうち「水産業集積拠点漁港」5港、「沿岸拠点漁港」55港、「拠点化以外の漁港」82港とする考えを打ち出した。
 議論の焦点となったのは「拠点化以外」に分類された県営の小鯖漁港(気仙沼市唐桑町)。沿岸選出の議員は「歴史的に漁船漁業の集積基地。漁民は唐桑の拠点港として愛着と誇りがあった」と同港の取り扱いに強い疑義を示した。
 別の議員は「拠点化以外の漁港に位置付けられた県営漁港が3港(小鯖、雄勝、狐崎)ある。市町営より下に位置付ける意味が分からない」と選定基準をただした。
 県は「地元市町の意向のほか、漁業者数、漁船数、水揚げ高を踏まえて選定した」などと釈明に追われた。
 県の説明責任に対する批判も相次いだ。地元市町や県漁協に事前に打診したと理解を求める県に、「地元漁民たちには一言もない」と不満をぶつける議員もいた。
 「水産業復興特区構想のときと同じだ。被災地に対する配慮がない」「水産特区や漁港の拠点化は切り捨ての考え方だ」など、水産業の復興に対する県の姿勢を疑問視する声も上がった。
 県は、担当者が近く小鯖地区を訪れ、地元漁業者と再編方針について意見交換する方向で調整していることを明らかにした。これに対し「(小鯖地区など)漁業者の了承を得ていない計画の報告を受けるわけにはいかない」との意見が出たため、20日にあらためて常任委を開き、意見交換の結果を踏まえた報告を求めることを決めた。
 答弁の中で千葉宇京農林水産部長は「やる気のある人の足を引っ張ることがあってはならない。多くの声に耳を傾けしっかりとした計画を作りたい」と述べた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県地域連合労働組合(宮地連)

Author:宮城県地域連合労働組合(宮地連)
 宮城県地域連合労働組合(宮地連)は3・11大震災の被災者支援活動を継続しています。
 このブログでは被災地に関連する報道を全国のみなさんにお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。